漆器:黒目はじき宗寛盆8寸・双葉葵文箔絵・守田漆器・山本哲

漆器:黒目はじき宗寛盆8寸・双葉葵文箔絵・守田漆器・山本哲

二葉葵「古来、五月の象徴として使われる文様です。」

二葉葵という植物は、賀茂の祭御所車や冠にかざされるところから「かざしぐさ」という異名を持っています。美しいすがすがしい葉です。古来、五月の象徴として使われる文様です。

守田漆器さんの大きめ(8寸)の宗寛盆に箔絵で山本哲さんにこの文様を画いていただきました。大阪すし萬の箱寿司と小さな刷毛目の小吸物をつけて、軽いお昼にと思います。箸置は緑釉の空豆(古川章蔵)です。

工芸店ようび 店主 真木

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。
今日は、平日。
工芸店ようびは開店しております^^

以前、足付の宗寛盆で作っていただいた二葉葵の大皿。
少しカジュアルに足なしの八寸で作っていただきました。

二葉葵といえば「源氏物語」にも登場する「葵祭」。
今年は「路頭の儀」は中止となりましたが、「社頭の儀」など関連神事は神社関係者が行われるそうです。

二葉葵

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。