九谷焼:染付双耳向付・須田菁華

九谷焼:染付双耳向付・須田菁華

「菁華さんにくどくどと申上げて「やってみましょう」と言っていただいたのでした。」

この染付の耳付小向付を先代の菁華さんにお願いしてからもう三十五年以上経ったでしょうか。辻留さんの本で使われていたこの耳盃の美しさに魅され、それが逸翁美術館所蔵のものと知り、辻留さんにご紹介いただいて美術館に行き手に取って見せていただきました。

その時お聞きしたことを菁華さんにくどくどと申上げて「やってみましょう」と言っていただいたのでした。ようびを開店して早々の「こわいものしらず」の時代でした。随分恥ずかしいことやヒンシュクを買うこともしていたと思います。でもその頃の懸命な想いをなつかしく思い起こす、明時代染付耳付の小向付です。小さいのに格調高く、食卓に出ていると孤高の人のようです。大好きな一品です。

工芸店ようび 店主 真木

須田菁華さんから工芸店ようびの定番として作っていただいている向付です。

今回の制作分は、少しぷくっとした表情となりました。

贅沢ですが、アイスクリームがいただきたくなってきました(o^^o)

須田菁華さん

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。