織部焼:織部つぼつぼ・低・有松進

織部焼:織部つぼつぼ・低・有松進

「よくお越しくださいました」というご気持ちが詰められているそうです。

今日は「パンの記念日」。

日本の初めての「パン」は軍用の携帯食料の乾パンだったそうです。

明治7年、木村屋の創業者、木村安兵衛さんがあんこを詰めたパンを作り販売をはじめます。
ご存知「あんパン」。
お米派がほとんどだった明治の人々にもたいへん好評だったそうです。

その流れでしょうか、日本にはメロンパン、ジャムパン、クリームパンなどなど、時々無性にいただきたくなる菓子パンがたくさんあります(o^^o)

さて、有松進さんからも「つぼつぼ」です。

茶懐石で折敷が運ばれる際、汁椀、飯椀、向付の他に、初めてお招きするお客様にのみ添えられる「つぼつぼ」。

「よくお越しくださいました」という気持ちが詰められているそうです。

有松進さんには、織部、ビードロ釉、白釉のいつもの3種でそれぞれに作っていただいています。

有松進さん

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。