春草の天ぷら

粉引:粉引長皿・辻村塊

「間近くなって来た花を待つ心になっています。」

三寒四温とはこんな気候変動の時代にもあるものだなと思いつつ、間近くなって来た花を待つ心になっています。

今年は心痛いニュースの毎日ですが、日常を奪われた人々を想いそれ故になおさら人間の日常の大切さを思うこの頃でございます。

辻村塊さんの白化粧の角長皿は気分がスーッとするような大らかさのあるお皿で何を盛っても晴れやかです。春草の天ぷらも美しいですね。

天出汁は土山敬司さんのなずなの小鉢に、貝の小皿にはお塩を。中村恵子さんの唐津の徳利と、正木春蔵さんの八角の盃は桜の文様がついております。さっぱりしたお味のお酒で如何でしょうか。

工芸店ようび 店主 真木

今日は一転、冬。
体調を崩されませんように。

今日は「さくらねこの日」です。
一代限りとなってしまう命ですが、けなげに生きてほしいです。

「ひとりに ひとつずつ 大切な いのち」
イルカさんの「まあるいいのち」より。

春草の天ぷら

■蔵出し企画

【現品限り!】の付記されている植山昌昭さんのうつわを一割引きでご提供させていただきます。

10月1日(土)11時から。
ご利用くださいませ!^^