京焼・乾山写雪笹向付・伏原博之

京焼・乾山写雪笹向付・伏原博之

こちらは、乾山の「銹絵雪笹向付」が本歌です。

数年に一度の大雪に。
普段雪の少ないところでも雪が積もるおそれも。

温暖化ではいわゆる「ドカ雪」が増えるそうです。
海水温が上がり海からより多くの水が蒸発し、大気中の水蒸気が増えることで雲が発達し、結果大雪が増える・・・のだそう。

気象情報から目が離せません・・・。

さて、家でこたつに入って眺める雪は、なんとも美しいものです。
笹に積もる雪の様子は、仁阿弥道八、そして、魯山人にも受け継がれてきました。

伏原博之さんから、雪笹の向付がやって来ました。
こちらは、乾山の「銹絵雪笹向付」が本歌です。

盛ったのは、セコ蟹とほうれん草の冬の酢の物。
内子の赤がほうれん草の緑を引き立てます。

雪の器

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。