ガラス:オーバル鉢・空と草原・28cm・d.tam

ガラス:オーバル鉢・空と草原・28cm・d.tam

「今年はd.tamさんの暖かい感じのガラスのオーバル皿に盛ってみました。」

毎年待降節(キリストの生誕を待つ季節)に入ると「シュトーレン」というお菓子が売り出され、これを少しずつ(うすく切って)いただきながらクリスマスを迎える気持ちを整えるというものです。全体の形は幼子キリストがおくるみにくるまっている形とも云われ、12月24日夜のカトリック教会でのクリスマスミサは、司式の神父様がおくるみに包まれたキリスト(お人形)を抱いて出て来られ、馬屋に納めて始まります。

今年はd.tamさんの暖かい感じのガラスのオーバル皿に盛ってみました。取り皿は古川章蔵さんの星のような金箔のついているおおらかなお皿です。さっぱりとしたお皿で和洋両用にお使いいただけるものと思います。

工芸店ようび 店主 真木

12月、寒くなるほどにクリスマス気分が高まります。
今日は「アドベント(待降節)」の2本めのキャンドルを灯す日。

「アドベント」はキリストの降誕を待ち望む期間のこと。
2本目のキャンドルは「天使のキャンドル」と呼ばれ、「平和」を表しているのだそうです。

「アドベント」と言えば、4本のキャンドルと、そしてシュトーレン(シュトレンStollen)。
少しずついただくのですが、日に日に味が馴染んで美味しくなるのも楽しみです。

こちらのシュトレンは、「カフェ・バッハ」さんのもの。
本場リューベックのローマジパンを使われているそうです(o^^o)

待降節のシュトーレン

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。