染付草花文面取湯呑・幾田晴子

染付草花文面取湯呑・幾田晴子

「それほど加藤先生は高い高いところにいらっしゃる現代の夢の存在です。」

幾田晴子さんに、以前頂戴した加藤静允先生のお湯呑を写していただきました。何度目か(三度位)で「むつかしかった」と少しため息まじりに幾田さんはおっしゃっていました。またお願いして先生の作品をよくよくお勉強していただいて、御自分のものを引き上げていただければと思っています。

それほど加藤先生は高い高いところにいらっしゃる現代の夢の存在です。

工芸店ようび 店主 真木

阪東晃司さんの「染付ふくろう文4寸皿」に引き続き、加藤静允先生の写しです。

しのぎが手にしっくりと馴染みます。

ぜひ、お手に取って味わってください^^

染付草花文面取湯呑・幾田晴子

お茶の時間 - 茶托の使い方いろいろ

■Rakuten お買い物マラソン

1月28日(土)深夜1時59分まで。
ご利用くださいませ!^^