九谷焼:染付双鹿図三脚向付・須田菁華

九谷焼:染付双鹿図三脚向付・須田菁華

「今年も参りました。」

先代の菁華さんに53年も前にお会いした時「人間の口が突然変わった形になったりはしませんから、うちは同じものを作り続けます」とおっしゃったことを思い起こします。毎年秋にはこの見込に鹿の文様のお向を注文します。今年も参りました。

お煮物を盛ってみました。お芋と焼き目をつけた鳥のもも肉をやわらかく煮て三度豆をそえただけの何でもない煮物が、秋を感じさせてくれます。召し上がった後に染付の二匹の鹿を見ていただくことになります。

工芸店ようび 店主 真木

今週末は紅葉が見頃だそうです!
紅葉(こうよう)といえば紅葉(もみじ)です。
漢字変換がややこしい・・・^^

こちらは須田菁華さんに秋にお願いするうつわの代表格です。
うつわには紅葉はありませんが、見込みには二匹の鹿。

「紅葉(もみじ)」といえば鹿。
鹿は秋が似合います。

紅葉に鹿 染付双鹿図三脚向付

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。