夏のオードブル

ガラス:パート・ド・ヴェール大皿M・大泉恵

「夏野菜たちが皆上等な顔になって並んでいます。」

美しい夏野菜のオードブルを京都和久傳さんのおもたせのカタログで見つけ、大泉さんのパート・ド・ヴェールのお皿に盛らせていただきました。夏野菜たちが皆上等な顔になって並んでいます。美味しそうです。

パート・ド・ヴェールは一枚の皿に一ヶの型を必要とし、窯に入れた後それを割って取り出すという、厄介な作業で生まれるもので、価格的にも大変なものになりますが、中々に味わい深く、一年に一度納品していただくのを楽しみにしているものです。

工芸店ようび 店主 真木

これからの季節にピッタリの「夏のオードブル」です。

京都、和久傳さんからのお取り寄せ。
メインは鱧と鱧の子ですが、野菜もたっぷりいただけます。

さすが和久傳さん、納得なのは極上の味の特製だしジュレ。
直前まで冷蔵庫で冷やしていただくと、口の中でふわっと溶けて美味しさが広がります。

これで二人前。

パート・ド・ヴェールの青が夏の宵を演出してくれます。

夏のオードブル

■Rakuten お買い物マラソン

1月28日(土)深夜1時59分まで。
ご利用くださいませ!^^