志野袴腰向付・瀧川恵美子

志野袴腰向付・瀧川恵美子

「赤貝のぬたを入れてみました。すっきりと納まります。」

瀧川恵美子さんに袴腰の形の志野の向付を造っていただきました。仲々に面白くよろしいものが出来ました。前側に文様があるものと、前は無地で横と後ろに文様があるものを作家が自由に作りましたので、とりあえずそのままご紹介いたしました。両方共にそれぞれの良さがありますので、お使いいただく方のお好みによります。赤貝のぬたを入れてみました。すっきりと納まります。

黒に金箔の独楽文椀には、春の沢辺に生えている草を想って沢煮をしてみました。お花の季節を待ちつつ。

膳は足付黒の丸盆・真塗りのもの(奥田志郎作)
お銚子は春草の京焼(伏原博之作)

大変形のよい井戸の盃(有光武元作)を合わせてみました。

工芸店ようび 店主 真木

桜も桃もですが、つくしも蕗の薹も今年は早いですね。
あっという間に「旬」が過ぎ去っていきそうです^^

春の里山を思わせるコーディネイト。
沢煮椀には、独活、せり、そして、同じセリ科の防風です。

瀧川恵美子さんの志野の向付は、前面が無地のものと、前面に草花が描かれているものに買い物かごを分けています。
お好きな方をお選びくださいませ(o^^o)

ぐい呑は複数ありますが、只今準備中です。
しばらくお待ちくださいませ!^^

春の訪れ 志野袴腰向付

■お買い物マラソン!

Rakutenで16日深夜1時59分までお買い物マラソン実施中!
ご利用くださいませ^^

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。