九谷焼:呉須赤絵赤玉文茶碗・須田菁華

九谷焼:呉須赤絵赤玉文茶碗・須田菁華

むっくりとした姿も愛らしい赤玉の汲出です。

今日は「津波防災の日」。

1854年(嘉永7年)のこの日、心配されている南海トラフ巨大地震の一つ「安政南海地震」が発生し、紀伊半島や四国などを大津波が襲いました。

逃げおくれた人々を稲わらに火をつけて高台へ誘導し命を救った逸話「稲むらの火」が知られるところです。
「稲むらの火」に由来して、今日は、国連が定める「世界津波の日」でもあります。

さて、引き続き、須田菁華さんから新作の汲出です。

前回は、すっきりとした染付の汲出でしたが、こちらは、少し厚みのあるむっくりとした姿も愛らしい赤玉の汲出です。

今回、須田菁華さんの汲出に茶托をあわせてみました。

赤玉には「朱だるま型茶托・奥田志郎」です。
高台に糸じりがなく、縁が緩やかに立ち上がっています^^

須田菁華

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。