ガラス:Bubble-moon透21cm.d.Tam

小鮎が清流を泳いでいるように見えてきませんでしょうかA^^;)

梅雨明けから8月の中旬頃が美味しいとされる鮎。
苔を食べて育つ鮎は、苔で鮎自身の味が決まります。

鮎が美味しいということは、清流が守られているということ。
良質の苔が育つ自然豊かな地域である自慢の証です^^

今頃の鮎は、まだまだ小ぶり。

でも、小さい方が、骨も柔らかく、頭から尾まですべていただくことができます。

揚げたての小鮎をお皿に盛られたはしからいただく・・・。
年に一度の愉しみです。
ほろ苦いワタがたまりません!(o^^o)

お皿は、d.Tamさんの泡シリーズから新作の中皿です。
小鮎が清流を泳いでいるように見えてきませんでしょうかA^^;)

d.Tam