秀衡椀・奥田志郎

秀衡椀は具だくさんお雑煮を懐深く受け止めてくれます。

秀衡椀

秀衡という名前は平安末期、義経を助けた人ということからの好もしいイメージです(日本人は判官義経が好きですから)。
秀衡椀は室町末期から桃山時代の一時期のみ作られた幻の様な作品群で、あまり多くは残っていないのですが、一の関の菅原氏にお聞きしたところでは、時代は使われていた年数、その他の諸条件によって特定はできません、とのことでした。

今はもうこの蒐集も散逸してしまっていると聞きます。大変もったいないことです。

明漆会を率いていらっしゃった頃の奥田達朗氏が、その頃思いを盡して造られた秀衡椀がこの二つ椀と、地蔵院所蔵と言われたもう一種のものでした。(※黒三つ椀・大)

たっぷりとした見込み、しっかりとした漆。ようび自慢の一品です。

秀衡紋(金箔)と漆絵は山本哲さんです。ざんぐりとしていて丁寧な、本体によくそぐった絵付けをして下さっています。

工芸店ようび 店主 真木

お正月らしいコーディネイト・・・いかがでしたでしょうか。

秀衡椀は具沢山のお雑煮にピッタリ!とご案内していますが、せっかくなので、作ってみました。

鶏に鰤に、小芋、ごぼう、金時人参に椎茸にかまぼこに・・・。

盛り込みすぎましたでしょうか^^
でも、この通り、秀衡椀は具だくさんお雑煮を懐深く受け止めてくれます。

新年の豊作や家内安全を祈って・・・(o^^o)

お正月のコーディネイト7寸皿

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。