「一番シンプルでしかもお正月らしい組み合わせ」

この頃は少人数でお正月をお祝いなさることが多いため、お重箱も二段(六五重)くらいで充分。お屠蘇の銚子と盃、そして大ぶりの雑煮椀という一番シンプルでしかもお正月らしい組み合わせです。

雑煮椀は華やかな秀衡紋、たっぷりとお餅と具が入る気持ちのゆったりする椀です。

お重箱からお手許へは、鳳凰文(尾長鳥にも見えます)で縁には波文の染付の5.5寸皿、取り皿としては一番お使いやすい寸法です。

お箸入れは毎年、荒木蓬莱堂さんで作っていただいている箸袋、奉書の白に紅白で一日だけでも祝賀気分になります。お名前を書いてどうぞ。

工芸店ようび 店主 真木

今年は六五重もあり、秀衡椀もある・・・ので、とてもお正月らしいコーディネイトができました。

我が家は、すまし汁のお雑煮で、具だくさんが基本。

のおうちには、こちらの秀衡椀はおすすめです。
ひな祭りには、ちらし寿司をたっぷりと!^^

お正月のコーディネイト7寸皿

■BSプレミアム103の「美の壺」

10月30日19時30分から、BSプレミアム103の「美の壺」に工芸店ようびの店主が出演します!

先月撮影も無事終了し、いよいよ放映を待つばかりです。
ご期待くださいませ!^^



■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。



■ブログ投稿のお知らせメールの不具合

先日より、『和食器ブログ』の投稿お知らせメールのタイトルが文字化けしています。
修正に手間取ってしまっていて、いまだ文字化け中です。
ご迷惑をおかけしています。
本文は読んでいただけますので、修正まで今しばらくお待ちくださいませ。