九谷焼:呉須赤絵牡丹鳳凰文平鉢・正木春蔵

一器多用の大皿

明の呉須赤絵の本歌を蒐集家に見せて貰われた正木さんが、十数年前に造って下さったものを、お正月用の盛り鉢にと、又作って下さいました。赤絵と色絵のにぎやかな文様なのに全然邪魔にならない、大変盛り映えのする大皿です。

盛り方名人の故、辻嘉一師は著書の中で(辻留の和食器入門・中央公論社)、一器多用の見本として十九種ものお料理を盛って見せておられます。一枚あることで華やかで美しい食卓になりますことお受け合いします。

取り皿は自然な形の白化粧で、誠に品位の高い土物です。このように華やかなものに合わせたり、生菓子の皿に、そして平向付としても焼物皿にもと、お使い下さるたびに価値を解っていただけるものと思います。

工芸店ようび 店主 真木

どうどうとした赤絵の大皿です。
縁が広いので、盛り映えがします。

今回は、お寿司でしたが、
鶏の炊合せなど地味めな料理も、縁の赤がもり立ててくれます。

お正月にあわせてのご案内ですが、
仲間の集まる日、食卓の真ん中のお皿になってくれることでしょう!(^^)/

一器多用の大皿

■BSプレミアム103の「美の壺」

10月30日19時30分から、BSプレミアム103の「美の壺」に工芸店ようびの店主が出演します!

先月撮影も無事終了し、いよいよ放映を待つばかりです。
ご期待くださいませ!^^



■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。



■ブログ投稿のお知らせメールの不具合

先日より、『和食器ブログ』の投稿お知らせメールのタイトルが文字化けしています。
修正に手間取ってしまっていて、いまだ文字化け中です。
ご迷惑をおかけしています。
本文は読んでいただけますので、修正まで今しばらくお待ちくださいませ。