漆器:朱サハリ椀・奥田志郎

店主が使い続けているものです。

今日は「うるしの日」です!(^^)/

下地、中塗り、上塗り、すべての行程で日本産の漆にこだわる工芸店ようび。

国産は漆全体の3%ほど。
入手も困難ですが、お値段も・・・^^

なぜ、見えないところにまでこだわるのか。
それは、日本産が良質だから。
時が経つほど美しくなりのは国産の漆だから。
それもありますが、漆器が剥がれにくく堅牢なのは国産の漆だから、です。

日常の漆器にこそ、漆にこだわるべき。
それが、漆器屋としてスタートした工芸店ようびの譲れないところです^^

さて、こちらは、店主が使い続けている、初代、奥田達朗氏が作ったサハリ椀です。

艶が違います。
何十年経ったでしょうか。
商品にできない、いわゆる「B品」だったものを店主が使い続けているものです。

使い手によって育まれる漆器。
育ててみたくなりませんか?(*’-‘*)

【一汁一菜】お味噌汁中心の食事

当店は、ポイント還元対象ショップです。

クレジットカードご使用で、5%の還元を受けることができます。

ご利用下さいませ(^^)/