花網7寸皿・土山敬司

「何げない地味な秋の季節のお惣菜も美しい一品となって食卓を華やかせます。」

網花という文様はかなり古くからある文様で、明末のあざやかな呉須の網と、赤絵の花の湯呑や匙の様なものを見た記憶があります。美しい文様なので今までずっと続けて作られて来た文様なのでしょう。
この様に何げない地味な秋の季節のお惣菜も美しい一品となって食卓を華やかせます。鉢と皿の中間の様な形状がものをすっぽりと受け入れ、大変重宝な大きさの平鉢でございます。
取り皿は川淵さんの焼〆の皿で、他の用途にも多用していただける美しいものです。お菓子皿に、小さなお刺身皿に(大葉を添えて)等、水に濡らしてたのしんでみて下さいませ。

工芸店ようび 店主 真木

地味な料理がぱっと華やかに!

きのことささみ・・・。
美味しい組み合わせですが、確かに色がありません。
でも、花網文のおかげで、素敵な一皿に。

そして、この網花文、焼き締めとの相性が良いのに驚きます^^

川淵直樹さんの焼き締めは現在準備中です。
もうしばらくお待ち下さいませ(^^)/

盛り鉢と取り皿

当店は、ポイント還元対象ショップです。

クレジットカードご使用で、5%の還元を受けることができます。

お買い物マラソン開催!

楽天市場では11月19日(火)よる10時から26日(火)深夜1時59分まで「お買い物マラソン」が実施されます。

ご利用下さいませ(^^)/