「鉄のような音がいたしますが見た目にはやわらかく盛り映えのする鉢でございます。」

秋色豆皿・5色1組・d.Tam

戻り鰹とは昔は五月初鰹、秋深くなった頃に戻り鰹と言ったように覚えておりますが、お料理人さんに聞くと「?」というお返事。気候の変化によって海も変化しているようです。

備前の名手 和仁さんの銅鑼鉢にタタキを盛って、少し辛口のお酒はいかがでしょうか。和仁さんは国宝金重陶陽・道明氏に師事された方で、少なくとも三週間と長い窯炊きをなさるので仲々に作品が参りません。鉄のような音がいたしますが見た目にはやわらかく盛り映えのする鉢でございます。

須田菁華さんのお猪口と合わせて、秋色のしょうゆ皿でおしゃれをしてみました。

工芸店ようび 店主 真木

朝晩は、ヒンヤリを感じるようになった大阪です。

前回の「芋名月・秋色小皿」に引き続き、秋の特集第三弾は「秋色の豆皿」です。

焼き締めとガラスのコラボレーション。

秋色を選ぶとすっかり秋。
夏色を選んで、焼き締めに水をはり豆腐を浮かべると、きっと夏!

季節をガラスで演出です(^^)/

戻り鰹・秋色豆皿

■《Rakuten BLACK FRIDAY》

11月24日深夜1時59分まで、楽天ブラックフライデー実施中!
ご利用くださいませ!

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。