彫りに少しこだわっていただき、工芸店ようびオリジナルとして作っていただきました^^

鎌倉彫箸・乾口塗・四角・石渡清和

乾口(ひくち)塗箸

上塗がまだしっかり乾かない時にマコモ(植物の穂の粉)を蒔き、よく乾いて砥粉で磨いたもの。

現在の鎌倉彫でシンボリックな「乾口塗」のお箸です。

材は、翌檜(あすなろ)。

「あすは檜になろう、あすは檜になろうと一生懸命考えている木・・・「あすなろ物語・井上靖氏」より」
葉っぱが檜(ヒノキ)によく似た木で、良質で湿気に強く、耐久性があるそうです。

今回は、彫りに少しこだわっていただき、工芸店ようびオリジナルとして作っていただきました^^

【現品限り!】となりますので、お見逃しございませんように!(^^)/

夏らしく・・・

■BSプレミアム103の「美の壺」

10月30日19時30分から、BSプレミアム103の「美の壺」に工芸店ようびの店主が出演します!

先月撮影も無事終了し、いよいよ放映を待つばかりです。
ご期待くださいませ!^^



■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。



■ブログ投稿のお知らせメールの不具合

先日より、『和食器ブログ』の投稿お知らせメールのタイトルが文字化けしています。
修正に手間取ってしまっていて、いまだ文字化け中です。
ご迷惑をおかけしています。
本文は読んでいただけますので、修正まで今しばらくお待ちくださいませ。