「ひょいひょいとお気楽に使っていただくと返って親しみのわくお皿です。」

信楽葉皿・辻村塊

葉っぱのお皿はどの作家さんも作ってみたくなるものの一つですが、この辻村塊さんのものは大変魅力的で、お料理屋さん向きと思われがちですが、こうしてひょいひょいとお気楽に使っていただくと返って親しみのわくお皿です。向付に、焼物皿に、お菓子皿にとたのしんでみていただきたいものです。

この度はおにぎりを乗せてみました。黒のサハリ椀(奥田志郎)には、こんにゃく・牛蒡・しいたけ・新わかめと具沢山の味噌汁にして、何でもない食事がたのしいものになりました。

工芸店ようび 店主 真木

いつものおにぎりがべっぴんさんに!

辻村塊さんから、おにぎりの中の具まで代えてみたくなるようなお皿が新登場です(o^^o)

少し大きめの寸法は、二人分のハムやチーズも似合います。
ワインの夜にどうぞ(*’-‘*)

葉っぱのお皿