このひょっとこの様な口は、水切れよく作られています。

灰釉片口小鉢・有松進

少々おどけた口の付いた片口はお酒次として使いました。窪みが手がかりとなって次ぎやすいものになっています。

工芸店ようび 店主 真木

11月5日は「ごまの日」です。

精進料理と言えば、胡麻どうふ・・・ぐらい、
和の食事に胡麻は切っても切れない関係。
すりたての胡麻の香りで、青菜のごま和えは毎日でも飽きません。

ですが、
他の食品に違わず、99.9%は輸入に頼っているそうです。
収穫に手間がかかるそうなのですが、
増え続ける耕作放棄地が胡麻畑にならないものでしょうか!(o^^o)

こちらは、先週末ご案内した片口です。

「小鉢」とありますように、
ころころとした料理をこんもり盛りつけるのにピッタリですが、
このひょっとこの様な口は、水切れよく作られています。
酒器としてもオススメです(^^)/

ひやおろしの季節となりました。
夏を越し熟成がすすんだお酒が「ひやおろし」。
じっくりぬる燗でどうぞ^^

重箱

■BSプレミアム103の「美の壺」

10月30日19時30分から、BSプレミアム103の「美の壺」に工芸店ようびの店主が出演します!

先月撮影も無事終了し、いよいよ放映を待つばかりです。
ご期待くださいませ!^^



■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。



■ブログ投稿のお知らせメールの不具合

先日より、『和食器ブログ』の投稿お知らせメールのタイトルが文字化けしています。
修正に手間取ってしまっていて、いまだ文字化け中です。
ご迷惑をおかけしています。
本文は読んでいただけますので、修正まで今しばらくお待ちくださいませ。