古い井戸の肌のようになるそうで・・・3

井戸片口・大・有光武元

井戸といわれている焼物はもちろん朝鮮半島の土なのですが、萩と益田の中間地点の「須佐」に須佐唐津と呼ばれてよく似た感触の土が産出されていました。そのことを小林東五氏から教えていただかれた有光武元さんが、20年位前その土を手に入れられ、今回焼かれたものです。

須佐唐津は還元で焼かれていたもので色は青っぽいグレーですが、有光さんは井戸風に仕上げてみたくて酸化の焔で焼いてみたとおっしゃいます。
使い込むと赤味を帯びて貫入が入り、古い井戸の肌のようになるそうで、形も良く、小鉢以外にもお酒を入れたりさまざまに使えそうです。

店主 真木啓子

有光武元さんから、片口がやってきました!

何度もお伝えしていますが、
小林東五さんから教えてもらった土なんです!
使うほどに景色が変わってくるそうなんです!

「井戸シリーズ」は様々に充実してきていますが、
毎年一度は作っていただいている片口。
お見逃しございませんように!^^

有光武元

RakutenスーパーSALE

6月11日(木)深夜1時59分まで実施中!

ご利用下さいませ(^^)/

Yahooショッピング店がオープン!

Yahooショッピングにもお店がオープンしました。
Tポイントやpaypayが利用できます。

ご利用下さいませ(^^)/

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。