夏も、漆器のある暮らし、素敵です!^^

漆器・椿蒔絵糸目椀・尚古堂・竹田省

昨日の朝の大阪北部の大きな地震。
あらためて、お怪我はございませんでしたでしょうか。

大切な食器が割れてしまった方もいらっしゃることと思います。
余震が怖いのですが、とにかく、日常、平静を取り戻さないと!です。

お店は、倉庫を中心にいろいろ破損してしまいましたが、
今朝から普段通り営業をしています^^

さて、震災の時、頼もしいのは、実は漆器だったりします。

押しつぶされてしまっては元も子もありませんが、
落ちただけでは欠けにくく、欠けても修理をすることができます。

木の弾力性、漆の接着力のすばらしさ故ですね^^

こちらは、尚古堂さんから椿のお椀です。

震災が無ければ次の特集に登場しているはずだったのですが、
特集は、少し延期となりました。

薄く挽かれたお椀に蒔絵が施された優美なお椀。

名前には「椿」。
・・・夏の今頃に?

実は、模様は梅雨頃から咲き始める立葵がモチーフなんです。
・・・「立葵」が「椿」とは?
ますますわからなくなって来ましたね(o^^o)

その辺りは、特集で店主に認めてもらうとして、
夏も、漆器のある暮らし、素敵です!^^

楽天市場「買い物マラソン」

7月14日(土)夜8時スタートです!
ご利用下さいませ!