「当たり前の形の中に出る雰囲気こそが個性なのだ」この言葉を大切にしているそうです。ようびも同感です。

白磁楕円輪花6寸鉢・水野克俊

ずい分長いお付き合いなのにしっかりと彼の御紹介をしていないことに気が付いてあわてております。

彼は瀬戸の窯業訓練生として一年いた後、九谷青窯で七年間秦耀一氏に教えを受けられました。この九谷青窯は秦耀一氏が中心になって作られた工房で、この四十年位の間にたくさんの個性的なよい作家達を輩出されて来ました。ようびで長い間お願いしている作家さんも何人もいらしゃいます。秦耀一氏は父上の秦秀雄氏の影響を受けられて、ものつくりとしてのすぐれた感覚と技術を持つ方で、ようびも大切に思っている作家です。その上若い方々の育成も大変自由な雰囲気でのびのびとなさるので、この水野さんもその七年間が今も生きているとおっしゃいます。

秦耀一さんがおっしゃった「変わった形であることを個性にするな、当たり前の形の中に出る雰囲気こそが個性なのだ」この言葉を大切にしているそうです。ようびも同感です。

水野さんは独立なさって三年後位からのお付き合いですが、もう二十五年位になるでしょうか。その間たくさんのものを作っていただきながら知らないことが多くて、おだやかな中に少しきびしさをのぞかせる作品をよしとして御紹介して来ました。この釉のおだやかな色は、天然の灰(ヒミツです)がヒミツの量入っているとのことでした。

この頃やっと方向性が見えてきたとおっしゃる水野さん、「ロクロに向っていられればいい」とだけ控え目な抱負を語って下さいました。

工芸店ようび 店主 真木

水野克俊さんの「うつわ展」が、東京「TIME & STYLE」さんで開催されています。

水野克俊さんとは、工芸店ようびも古くからのお付き合い。
そんなこんなを、店主に認めてもらいました。
ぜひ、ご一読下さいませ^^

水野克俊 うつわ展 2018

3月24日(土) — 4月15日(日)
作家在店日 : 3月24日(土) — 27日(火)

TIME & STYLE MIDTOWN

水野克俊

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。