「すごい腕の螺鈿師さんが居ます」

秀衡椀・奥田志郎・山本哲

山本哲さんのこと

40年余り前、その頃奈良国立博物館にお務めだった書家の故 松本碵之さんが「すごい腕の螺鈿師さんが居ます」と御紹介下さいました。その時見せていただいた螺鈿は何だったかよく覚えていなかったのですが、すごい腕という意味はよく解りました。「螺鈿をなさるなら蒔絵、箔絵、うるし絵と組み合わせるともっと美しく効果的になると思います」などと申し上げたように覚えています。

それからすぐに、いつの時代かに春日大社より下賜され、転々として奈良のお茶人が持っていらっしゃった春日臨御台なる高杯を復原していただきたいと思い、さっそく平安の螺鈿の入った折枝蒔絵文様が必要となったのでした。

何についてもどんどんつっこんで研究なさるお人ですので、思ったより、良く、早くマスターしてちゃんとしたものにして下さいます。器用などというのではなく、「出来ません」と云わずに何でもやってみて、そこから発展させようとする気概のある人です。

古いものに対する興味も一通りではなく、「はい、はい、あれね」とすぐ解っていただけるのもうれしいことです。知識だけでなく、確かな技術の持ち主なのは、20年ごとに御造替(ごぞうたい)なさる春日大社の器物の製作にかかわる師匠に付いて緻密な仕事をしていらっしゃったことが大きいと思います。

今まで大変むずかしく厄介な仕事を次々とよくお願いして来たものと、さぞ御迷惑だったことと思っていましたが、「気持ちよくお仕事させていただいています」とおっしゃって下さりほっとしています。ようびのお願いした作品は数えきれない程あり、その都度さまざまなお話をしながら制作をすすめていただいて来て今も続いています。

これからも又よりよきものをどんどん御一緒に磨いていきたいと思っています。

工芸店ようび 店主 真木

お待たせいたしました!

何年ぶりでしょうか。
やっと、やっと、やっと秀衡椀がやって来ました。
できれば雛祭りにあわせてお届けしたかったのですが、来年のお正月、雛祭りはかならず来ます^^
一年間、あーいう風に、こーいう風に使って愉しんで下さいませ!

次の入荷はいつになるか、まったく検討がつきません。

何しろ、山本哲さんには、いろいろな漆器に箔絵、螺鈿、蒔絵を施していただいています。

秀衡椀の入荷に合わせて、店主が山本哲さんについてしたためました。
あわせて、山本哲さんに関わっていただいた仕事もまとめてみました。
こんなにも!・・・あります(@_@)

今週のブログは、読み物が満載ですね!
週末になりました。まとめてお読みいただければ幸いです(^^)/

山本哲

■楽天イーグルス感謝祭!

お買物合計金額に応じてポイントアップ!

キャンペーン期間中のお買い物金額合計が対象です。
注文日やお買い物をしたショップが異なっている場合でも合計されます。

11月25日(水)10:00 ~ 2020年11月27日(金)23:59
ご利用くださいませ!

■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。