どちらも同じ魯山人の本歌からの写しです。

伊賀釉丸平向付・長森慶

長森さんに魯山人写しの平鉢を造っていただきました。

もう少し信楽の荒い土でと思いましたが、長森さんの感覚で、伊賀と黄瀬戸の焼き上がりです。

上側に土を持たせてむっくりと造ってありますのでかなり分厚く見えますが、見込みは薄いので見た目より軽く仕上がっています。お使いになってきっとおよろこびいただける、重宝で美しい盛り心地の器です。季節を問わず何にでも使っていただける手軽さがありながら、盛った時には重厚さを感じるとてもよい仕上がりだと思っています。

店主 真木啓子

昨日ご案内した「黄瀬戸点文5寸丸皿」ともう一点、こちらの「伊賀釉丸平向付」を作っていただきました。

どちらも同じ魯山人の本歌からの写しです。

同じうつわから違うインスピレーションを受けての作陶。
どちらがお好みでしょうか^^

長森慶

■BSプレミアム103の「美の壺」

10月30日19時30分から、BSプレミアム103の「美の壺」に工芸店ようびの店主が出演します!

先月撮影も無事終了し、いよいよ放映を待つばかりです。
ご期待くださいませ!^^



■お店へお越しくださるお客様へ

ご来店の際、お客様にはマスク着用、入り口にて手指の消毒のご協力をお願いいたします。店頭にて手指消毒液をご用意しております。
お客様とスタッフの健康と安全確保並びに感染拡大防止の為、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。



■ブログ投稿のお知らせメールの不具合

先日より、『和食器ブログ』の投稿お知らせメールのタイトルが文字化けしています。
修正に手間取ってしまっていて、いまだ文字化け中です。
ご迷惑をおかけしています。
本文は読んでいただけますので、修正まで今しばらくお待ちくださいませ。