夕顔紋平向付・伏原博之
夕顔紋平向付・伏原博之

今日は「半夏生」。

夏至から数えて11日目。梅雨も後半ですが、昔から田植えは、この「半夏生」の前にすませる習わしがあり、それより遅くなると秋の収穫が減るといわれてきました。

 

そして、「半夏生」といえば、関西では蛸(たこ)です。

吸い付くように大地に稲の根がはるように・・・ということらしいのですが、この時季、関西の蛸はとても美味しくなります。
いただく理由は、後付けかも知れませんA^^;)

 

企画中の特集の最初も蛸のお造りから始まります。
せっかくですので、今日の(からの)「半夏生」にちなみ、先取りしてご案内させていただきます。

京焼の「夕顔紋平向付」が懐深く夏のご馳走を受けとめてくれています。
蛸のぶつ切りのシンプルなお造りなのに・・・、美しいですね(o^^o)

京焼