蛙の遊び場が増えました。

湯呑・蔓文・小・藤塚光男|和食器の愉しみ・工芸店ようび
湯呑・蔓文・小・藤塚光男

夏の気配が感じられるころ・・・立夏。

この週末は天気に恵まれ、里山のあちこちでは、輝く太陽の下、田に水が入り、苗が植えられ、蛙の遊び場が増えました。
一転、今日の関西は昼から雨。そして、蛙は楽しそうです。

 

さて、初夏から盛夏、ガラスもですが、錫器の出番が多くなる時季。
茶托もその一つ。いつもの湯呑や汲出の印象ががらりと変わります。

優しい表情の槌目のこちらの茶托「錫小判茶托・大・ゆり工房」は、その槌目のおかげで、雫でうつわと茶托がくっつくことを防いでもくれます。

合わせたのは、藤塚光男さんから新作「湯呑・蔓文・小」
青みを帯びた肌にふわっと風にそよぐ蔦が描かれています。

 

藤塚光男

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

コトコトコットン、コトコトコットン、ファミレドシドレミファ・・・

交趾土器皿・伏原博之

交趾土器皿・伏原博之
交趾土器皿・伏原博之

土器皿は柔らかな陶器で使いにくいと思っていらっしゃる方が多いと思います。

風合いはとても美しいのですが汚れが染み込むなどのマイナス面があり、伏原さんはそれを考えて火度を高くしてしっかり焼いて下さっています。釉をかけないで色絵具を幾度も重ねて(回数は色によって違い焼き具合によっても異なります)釉のような表面になっています。

土器皿は読んで名の如くロクロを使わず土をこね、手で延ばして造ったという由来のもので、最初は釉のない「かわらけ」でした。その雰囲気を少しでも残したいと縁にたっぷり丸く土を寄せ、自然に出て来た様な型をと思ったのですが、そんな雰囲気が出ているでしょうか?

交趾という名はベトナム北部あたりの古名でコーチャンと呼ばれていたと聞いています。そのあたりに産する原料で造られたものなのでしょうか、主に香料を入れて輸出した蓋物が日本では香合として珍重され、日本の名前が与えられ、交趾(コーチ又はコーシ)と呼ばれてきました。茶席は暗いところですので特に黄交趾が珍重され、交趾大亀香合など大名品として藤田美術館などに残っています。

工芸店ようび 店主真木

 

「コトコトコットン、コトコトコットン、ファミレドシドレミファ・・・」

この歌をご存知でしょうか。「森の水車」です。
今日は「コットンの日」。ふと、この歌を思い出しました。

 

久しぶりに、伏原博之さんから新作です。
交趾焼の小皿。陶器ですが、表面はつるんとした肌触りで、気軽に取り皿にお使いいただけます。「印判手草花文楕円深鉢・藤塚光男」の取り皿にもおすすめです。

京焼

「ゴクゴク!」で飲みたくなるものは何でしょうか。

白化粧鉄絵汲出・吉井史郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび
白化粧鉄絵汲出・吉井史郎

今日は「ごくごくの日」。理由は・・・ですね!
「ゴクゴク!」で飲みたくなるものは何でしょうか。

乾燥した部屋の中では、いつの間にか身体は水を欲しているそうです。
コップ半分ぐらいの水、ほっと一息、今すぐにでもどうぞ!^^

 

さて、「ごくごくの日」にあわせて、今日は、吉井史郎さんから新作の汲出「白化粧鉄絵汲出」のご案内です。

どれもとても姿が良い吉井史郎さんのうつわですが、こちらの汲出も腰高でスマートな印象です。
少しずしっとしている汲出は大きめなので、お茶をたっぷりいただきたい時にもおすすめです!

 

吉井史郎

「5月の紫外線は真夏とほぼ同じ・・・」と言われていますが・・・

パート・ド・ヴェール菓器・大泉恵|和食器の愉しみ・工芸店ようび
パート・ド・ヴェール菓器・大泉恵

日陰が恋しくなってきました。

「5月の紫外線は真夏とほぼ同じ・・・」と言われていますが、これは紫外線A波のことだそうで、紫外線B波は、オゾン層に吸収されるため、オゾン層の少なくなる夏、秋に増えるそうです。

でも、この紫外線A波というと、オゾン層だけではなく、皮膚の深い層にまで到達して、シワやタルミなどの肌の老化を引き起こしてしまうそうです。

やはり紫外線は要注意ですね。

 

さて、今日も引き続き、パート・ド・ヴェールの中鉢です。
こちらは、緑。ガラスの泡などで、マットな印象ですが、立体の模様も裏側に描かれているなど、表側はつるんとしています。

盛ったのは、豆腐白玉の胡麻酢和えです。
白玉粉を豆腐の水分でこねています。白玉粉だけの団子より、冷めてもふんわり、そして、豆腐の香りが優しい味わいです。

 

ガラス

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

ガラスが恋しい季節となりました。

パート・ド・ヴェール菓器・大泉恵|和食器の愉しみ・工芸店ようび
パート・ド・ヴェール菓器・大泉恵

今日は肌寒い朝でしたが、いつの間にか、暦は「立夏」へ。確かに田圃には蛙の鳴き声が・・・。

ゴールデンウィーク、堪能されましたでしょうか。疲れが出ていらっしゃいませんか。

 

「立夏」。
ガラスが恋しい季節となりました。5月はガラスを中心にご案内したいと思います。

まずは、大泉恵さんからパート・ド・ヴェールです。昨年は窯が壊れて、大泉恵さんのガラスを残念ながらご紹介できませんでしたが、その分、今年はたっぷりと新作をお届けしたいと思います。

こちらは、裏側の渦巻きが光を透して表側に浮かび上がる美しい中鉢です。
みつ豆を盛ってみましたが、薬味たっぷりの鰹のたたきなど、初夏から盛夏の総菜も似合います^^

 

母の日の贈り物にもおすすめです。
楽天市場では、明日午前2時まで、恒例の「お買い物マラソン」実施中です!

 

グラタン

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

増税前の買いだめもそろそろ・・・

4.3寸椀がある食卓|和食器の愉しみ・工芸店ようび
4.3寸椀がある食卓

ゴールデンウィーク最終日、のんびりお過ごしでしょうか。
関西は天気が回復しました。休み中にたまった洗濯でもしたいと思います^^

工芸店ようびも今日までお休みをいただいていますが、楽天市場では、本日午前10時より、恒例の「お買い物マラソン」がスタートしています。
増税前の買いだめもそろそろ・・・ではないでしょうか。
8日(木)の1:59までですので、お見逃しございませんように(^^)/

 

さて、「4.3寸椀がある食卓」と題した「新生活応援!」は、最終の第四弾となりました。

最後は、デザートです。初夏に向けて、みつ豆にしてみました。
「4.3寸椀」ならフルーツたっぷり。
豆や寒天とスプーンで一緒にすくえるよう、いちごとキーウィを小さめにカットしてみました。

こちらの上品な吹き墨の小皿「染付吹墨月に兎2.7寸皿・阪東晃司」も、プレゼント対象です。この機会に「お椀」のある生活をぜひ!

4.3寸椀がある食卓

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ