魔除けとなると、自粛はなかなか・・・ですよね^^

染付8寸皿・植山昌昭|和食器の愉しみ・工芸店ようび
染付8寸皿・植山昌昭

今日1月31日は新月。旧暦の1月1日、旧正月です。

中国では春節。
大気汚染につながることで自粛も呼びかけられいる爆竹の音が、街中に響きます。
爆竹、その激しい破裂音に驚いて妖怪が退散するそうです。魔除けとなると、自粛はなかなか・・・ですよね^^

 

明日、土曜日の22時から、恒例となった楽天市場の「新生活応援 お買い物マラソン」が開催されます。
消費税増税前の「お買い物マラソン」はきっとお役に立てると思います。ご利用下さいまいませ^^

 

さて、こちらは、先日ご案内した大皿「染付8寸皿」です。洋皿としてもおすすめさせていただきましたが、オムライスを盛ってみました。
オムライスが小さく見えるぐらいの大皿ですが、これくらいの余白は欲しいところです^^

植山昌昭

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

暖かくなったと思えば、寒くなったり。

市松六角小付・長森慶|和食器の愉しみ・工芸店ようび
市松六角小付・長森慶

暖かくなったと思えば、寒くなったり。
お風邪を召しませんように^^

 

さて、こちらは、去年ちらっとご案内させていただいた小さな小鉢「小付」です。

何を盛ったかと言いますと、お正月の祝い肴から黒豆です。
そうです!「灰釉台皿・尺・土楽」に裏白を敷いて、タタキ牛蒡と田作りと数の子、そして、こちらの「市松六角小付」に黒豆を盛り込みました。
覚えていらっしゃいますでしょうか。

ころころしたものをたっぷり盛るのにおすすめです!

長森慶

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

味が染みた大根が美味しい「蛸と大根の炊いたん」です。

絵唐津中鉢・輪花・中村恵子|和食器の愉しみ・工芸店ようび
絵唐津中鉢・輪花・中村恵子

北風が冷たい中、昨日大阪では「大阪国際女子マラソン」が行われました。引退レースの赤羽さん、さっそうと素敵でしたね^^

 

さて、週明けの月曜日は、先週に引き続き、中村恵子さんから二人分の盛り鉢にちょうど良い「絵唐津中鉢・輪花」のご案内です。

こちらも、高さがあり、縁が大きめなので、たっぷりでも美しく盛りつけられます。

こちらは、味が染みた大根が美味しい「蛸と大根の炊いたん」です。蛸をやわらかく皮を綺麗に、大根の風味が生きるように仕上げるには、大根を蛸の煮汁でじっくり別炊きにすることです。お試し下さいませ^^

唐津焼

食卓にも「梅」をどうぞ^^

大阪城・梅林|和食器の愉しみ・工芸店ようび
大阪城・梅林

昨日からの陽気で、大阪城は朝から賑わっています。
梅は、まだまだ。そんな中、こちらの「香篆(こうてん)」がちらほら咲きに・・・。
満開より、これくらいが美しいですね。

梅のうつわが、週末いろいろ再入荷してきています。香りもたっぷりです。
食卓にも「梅」をどうぞ^^

花の器

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

うーん、手荒れも心配A^^;)

絵唐津中鉢・三角・中村恵子|和食器の愉しみ・工芸店ようび
絵唐津中鉢・三角・中村恵子

ノロウイルスが各地で流行しています。症状が出ない人もいる・・・とは、こわいですね。

生活に潜むノロウイルス。とにもかくにも、指の間、手首の手洗いも忘れないこと!マメな手洗い!
うーん、手荒れも心配A^^;)

 

さて、唐津焼と言えば、工芸店ようびでは中村恵子さん。焼き上がりが想像以上に軽く軽快です。

こちらは、形が三角でころっとした絵唐津の中鉢です。深さがあるので、白菜とほうれん草と豚肉のあんかけを盛ってみました。
これくらいなら一人でいただけそうですが、お二人の食卓の盛り鉢にもおすすめです!

中村恵子

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

「どうやって?」というような巨石が多く使われています。

染付8寸皿・植山昌昭|和食器の愉しみ・工芸店ようび
染付8寸皿・植山昌昭

今日は「徳川幕府が諸大名に大坂城の修築を行わせた」日です。

1615年、大坂夏の陣で大坂城は落城、その勇姿を消してしまいます。
現在の大阪城は、昭和天皇即位記念事業として、市民の募金によって作られたものですが、江戸時代、2代将軍徳川秀忠により再築工事が起こされました。
その時、大名は石高に応じて、石垣の長さを割り当てられることなるのですが、各大名に競争心があったからでしょうか、「どうやって?」というような巨石が多く使われました。

今でも、大阪城の石垣には、江戸時代の大名の家紋などの刻印が彫り込まれている石を見ることができます。
関西へお寄りの際は、一度は、大阪城に、そして、工芸店ようびにお越し下さいませ^^

 

さて、染付を中心にお願いしている植山昌昭さんから、初めての大皿、「染付8寸皿」が新登場です。

縁のはっきりとした文様は、和も洋も似合います。オムライスやスパゲッティのお皿にいかがでしょうか。

こちらは山水画ですが、絵柄は4種ございます。

植山昌昭

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ