寒いですね。こんな日は、ネット三昧でしょか。

牡丹文小丼・藤塚光男|和食器の愉しみ・工芸店ようび
牡丹文小丼・藤塚光男

寒いですね。こんな日は、ネット三昧でしょか。

「楽天大感謝祭」が開催中です。もちろん、工芸店ようびも「買い回り」の対象店です。
お正月の準備、クリスマスの贈り物・・・いろいろ取りそろえていますので、のぞいて下さいませ!^^

 

さて、こちらは、藤塚光男さんから新作の小丼です。

盛りつけたのは、いきなり寒くなって蟹が似合う景色となってきたので、少し贅沢に、タラバガニたっぷり卵とじ丼です。

軽く一膳のご飯にたっぷりの卵とじが掛けられるサイズです。
口縁の絵付けの下までで、400ml入ります!

藤塚光男

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

大阪、それも市内で初雪!!

乾山写雪笹向付・伏原博之|和食器の愉しみ・工芸店ようび
乾山写雪笹向付・伏原博之

大阪、それも市内で初雪!!

大阪で11月中に初雪が観測されたのは、24年ぶりのことだそうです。さすがに積もりませんでしたが、今日も寒いです!!

 

ということで、今日は、雪がモチーフになったうつわをご案内させていただきます!

雪を白化粧で表した個性的な「雪笹文」。本歌は乾山の「銹絵雪笹向付」です。仁阿弥道八も写しを作っています。「銹絵雪笹文手鉢」

冬らしいうつわですので、セコ蟹とほうれん草の酢の物を盛ってみました。いかがでしょうか。

京焼

あの赤い門、徳川家斉が嫁いだ娘の屋敷がすぐわかるよう建てさせたとか・・・本当でしょうか^^

 携え箸・もくもく|和食器の愉しみ・工芸店ようび
携え箸・もくもく

今日は、東大名物の「赤門」が建造された日。

NHKの朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」のヒロインの旦那さんが、東大出だというだけで「赤門」というあだ名がつけられていますが、あの赤い門、徳川家斉が嫁いだ娘の屋敷がすぐわかるよう建てさせたとか・・・本当でしょうか^^

 

さて、今週末に向け、年末並みの寒波がやってくる日本列島。さすがに、紅葉でお弁当!というわけにはいかないようです。

が、本日ご案内するのは、こちら、もくもくさんから「携え箸」です。
以前は奥田志郎さんに作っていただいていましたが、作り手をもくもくさんにゆだね、この度、再登場となりました。

作り手が変わると「雰囲気」は変わるもので、やはり、もくもくさんらしい仕上がりとなっています。
もちろん、作り手が変わっても、漆にはこだわりがあります。「口にするものはからだに良いもの!」ですよね!!

お弁当箱

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

今日は「鹿の日」・・・だということをご存知でしょうか。

 絵唐津五寸五分皿・中村恵子|和食器の愉しみ・工芸店ようび
絵唐津五寸五分皿・中村恵子

毎月第4火曜日は『し(4)か(火)』、「鹿の日」だということをご存知でしょうか。エゾシカ肉の消費拡大キャンペーンの一環として制定されたそうです。

鯨をはじめ、一部の動物愛護団体は、鹿やうさぎを擬人化してしまっていますが、もともと狩猟をして暮らしていた人間です。DNAに鹿肉を美味しく感じるように書き込まれているはずです・・・よね。
なかなか機会はありませんが、冬に一度は、命に感謝しつつ堪能したいものです。

 

さて、引き続き、中村恵子さんからこちらは絵唐津の中皿です。すでに「草鳥文」をご案内していましたが、新しく3種の絵柄が増えました。

汁物のお総菜の取り皿にもおすすめです!

唐津焼

保存保存

ゆっくり(仕事もあると思いますが)体を休めて下さいませ^^

 朝鮮唐津湯呑・中村恵子|和食器の愉しみ・工芸店ようび
朝鮮唐津湯呑・中村恵子

連休、紅葉を満喫されましたでしょうか。今日は、一転嵐の気配。ゆっくり(仕事もあると思いますが)体を休めて下さいませ^^

 

さて、中村恵子さんから唐津焼の湯呑です。釉薬の重なりが動きある表情を魅せてくれる「朝鮮唐津」です。「マイ湯呑」にぴったり!!

唐津焼

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ

11月22日「いい夫婦の日」。いかがお過ごしでしょうか。

 吹墨椿文5寸皿・藤塚光男|和食器の愉しみ・工芸店ようび
吹墨椿文5寸皿・藤塚光男

11月22日「いい夫婦の日」。いかがお過ごしでしょうか。

今日、婚姻届を出されるカップルも大勢いらっしゃるとか。
「いい夫婦の日」にあやかってでしょうか、あるいは、マンネリになっても忘れないようにするためでしょうか^^

 

さて、先日、紅葉が進む時季、鮮やかな黄色を思わせる「二葉銀杏文5寸皿」をご案内させていただきましたが、藤塚光男さんからは、あわせて、深い赤を吹墨で表現した「吹墨椿文5寸皿」も届いています。染付で色を感じる・・・。日本的な感性かもしれません。

季節にあわせて取り皿を替えてみる・・・と、心に余裕が生まれます^^

藤塚光男

復興への祈り

「あっ、いいな!」で気軽にクリック!ё.ё
ありがとうございます!

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ