「茶人正月」11月のおもてなし料理です!

軽快なおもてなしの料理
軽快なおもてなしの料理・11月

 十一月はお茶の世界では茶人正月で、十月のわびた月からがらっと変わったものを用いる約束です。開炉の月でもあり、お祝い気分もあるのです。
 日常のお客様にもこの季節の華やぎを伝える様なお膳組にして少しがんばってみます。
 春とは違った輝きを意識しつつ食器もメニューも考えてみました。
 先附はごまどうふ。京都姉小路の粲居のものです。中村恵子さんの唐津の皿が美しく合っています。緑彩の入角の猪口を合わせています。
・・・後略

工芸店ようび 店主真木

11月のおもてなし料理が完成しました!「少し手間をかけ、しっかり作ったものと、市販のものを組み合わせる」ことをコンセプトに12ヶ月のおもてなしの献立を考えてきましたが、やっと、これで、念願の「軽快なおもてなしの料理」が完結です。

11月は「茶人正月」。お正月の次に華やいだ献立になっています。
でも、決して難しいものではありません。
たとえば一品目のこちらの胡麻どうふは、京都「粲居(さんきょ)」さんのものです。ご主人の棚橋さんは、大津の月心寺の村瀬明道尼の元で精進料理を学ばれて、東京で15年お店を構えていた方です。その「粲居」さんの胡麻どうふを気軽に購入できるのですから、まったく手がかかりませんA^^;)

ほかにも、京都「とりとも」さんの絶品小鯛の酢漬「鯛す」をにぎり寿司にしたり。是非、ご一読下さいませ。

軽快なおもてなしの料理

復興への祈り


今日のうつわを気に入っていただければ、気軽にクリック!ё.ё

久しぶりですが「軽快なおもてなし料理」制作中!

椿皿No.2・奥田志郎
椿皿No.2・奥田志郎

京都の平安京跡から出土した土器片に「ひらがな」が見つかったそうです。
何気ないニュースですが、9世紀半ばから後半にかけての特徴を持つ皿などに書かれていたそうで、今までの、「古今和歌集」などが編集された10世紀前半に「ひらがな」は完成された・・・という説が、訂正される大発見になったそうです。

歴史を紐解く・・・、うつわのもう一つの役割ですね。土器は12月16日まで一般公開されるそうです。

さて、こちらは、大阪・高麗橋「菊壽堂」さんに作っていただいた、小ぶりなおはぎです。優しい味のあんこに包まれたおはぎは、素朴ながら絶品です。
実は、ただいま、「軽快なおもてなし料理・11月」を制作中です。こちらは、そのデザート。
2年ほど前に月一度ご案内していた「軽快なおもてなしの料理」ですが、11月がないまま一旦終わってしまっていました。11月といえば「茶人の正月」と言われる茶道において大切な月。大切なおもてなしの月です。ずーっと気がかりだったのですが、11月は明日までですが、なんとか11月に間に合わせたいと思います。ご期待下さいませ!

軽快なおもてなしの料理

復興への祈り

今日のうつわを気に入っていただければ、気軽にクリック!ё.ё

「蛇」はなんなので・・・。

鱗文箸置・古川章蔵
鱗文箸置・古川章蔵

2013年の干支は癸巳(みずのとみ)、御年賀状もその文様が多くて、それ嫌いの私は少々つらいことなのですが、音の響きとは大切なもので、「くちなわ」と言えばあまり気持ち悪く聞こえません(私だけでしょうか)。朽ちた縄に似ているところからこの様な異名がついたのだそうです。
「くちなわ」は文様になりにくいので、象徴として鱗紋にしてみました。能では道成寺、葵上、もみじ狩、鉄輪、安達ヶ原などの女の魔性を表すものとして装束に用いられます。特に赤地金箔の鱗紋はその上に怒りを表すものだと聞きます。嫉妬、執着などさまざまの苦しみが神仏の力を借りて浄化され、守り神となったものを私たちは魔除けとしてあがめるのです。

工芸店ようび 店主真木

2013年の箸置が決まりました。三角形を規則正しく並べた(蛇の)鱗文を金箔で表現しています。

小さな箸置に小さな小さな三角形に金箔を・・・おもわず息を止めてしまいそうな光景が目に浮かびます。
たくさんは作れませんので、数量限定とさせていただきます。お見逃しなく!

12月中〜下旬の入荷を予定しています。

古川章蔵さんといえば、クリスマス限定プレートも作っていただきます。こちらもお見逃しなく!!

お正月

 

「ようび好き」は、きっと「ふでばこ好き」です・・・きっと。

生木鉢・奥田志郎
生木鉢・奥田志郎

三連休、三日目はとても良い天気でした。
その日曜日、関西は大阪マラソンと神戸マラソンの二本立て。大阪、神戸の街を本当にたくさんの人が快走されていました。
沿道の応援も、友人の応援に、何度も地下鉄で先回りする人たちや、地元の人たちの沖縄舞踊があったりジャズの演奏があったり・・・。

さて、フェイスブックをご覧いただいている方へは、週末ご案内させていただきましたが、今季号の「ふでばこ」に、工芸店ようびが掲載されます!
『「本統の道具をもとめ続けて」 工芸店ようび 真木啓子さんの想い。』

その中で、こちらの「生木鉢・奥田志郎」も登場します。ちょっとひずんだ形が愉しい「生木鉢」の盛り心地の良さを味わっていただけることと思います。

毎号、「ものづくり」をキーワードに、ひとつのこと深く掘り下げる「ふでばこ」。工芸店ようびを気に入って下さっている皆様は、すでに「ふでばこ」の愛読者かもしれませんが、あらためて、バックナンバーを含めておすすめさせていただきます!
掲載される26号は、昨日26日に発売となりました。是非、お求めの上、ゆっくりお読み下さいませA^^;)

盛り鉢

 

緑と赤のビーズでクリスマス気分!

《予約販売》銀捻りシュガースプーン・クリスマスリース・高谷信雄
《予約販売》銀捻りシュガースプーン・クリスマスリース・高谷信雄

緑と赤の二色があわさると、今の時期はクリスマスを思い出します。クリスチャンにとっては意味のある色なんだと思いますが、信者ではなくても、生まれたころから、12月になると街中にあふれる赤と緑、サンタクロースやポインセチアの赤、クリスマスツリーやクリスマスリース、そして柊の緑。自然に、クリスマスをイメージしてしまいます。
そうそう、お菓子屋さんに並ぶクリスマスブーツも赤。紙でできているのをわかっていても履いたものでした。でも、なぜクリスマスブーツなんでしょうか。確か、聖ニコラウスが煙突から投げ入れた金貨は、偶然「靴下」に入ったんです・・・よね。

さて、今日ご案内するのは、その緑と赤のクリスマスリースをかたどった「シュガースプーン」です!

シルバーのスプーンを、高谷信雄さんに今年も作っていただくことになりました。他にも「トルコ石」「珊瑚」もお願いしています。クリスマスプレゼントにもおすすめです。

ただいまご予約受付中です!
数に限りがございますので、お見逃しなく!

クリスマス


復興への祈り

今日のうつわを気に入っていただければ、気軽にクリック!ё.ё

本日土曜日、工芸店ようびは開いてます(*’-‘*)

梅小鉢・ 杉本太郎
梅小鉢・ 杉本太郎

三連休、いかがお過ごしでしょうか。
本日土曜日、工芸店ようびは開いています。散歩がてらお寄りくださいませ!

さて、おとといご案内した「古赤絵蓮鷺文茶碗・須田菁華」の写真と一緒に写っていた愛らしい小鉢を、覚えたいらっしゃいますでしょうか。

こちらは、杉本太郎さんからの、新作の梅の形の小鉢です。杉本太郎さんらしい、土ものなのに繊細で愛らしい優しい小鉢です。甘納豆など入れて、おやつの時間、活躍しそうです!もちろん、お漬物皿にもどうぞ。

杉本太郎


復興への祈り

今日のうつわを気に入っていただければ、気軽にクリック!ё.ё