大人の端午の節句にどうぞ!

輪島塗ちまき台・林漆器店
輪島塗ちまき台・林漆器店

今年のゴールデンウィークは、後半(3日〜6日)は飛び石ではなのですね。遠出される方も多いことと思います。
新緑の美しい時季。旅先、緑の錦の山々を背景に勢いよく泳ぐ里山の鯉のぼりに、ほんわか心が温まることでしょう。

さて、端午の節句と言えば、柏餅でしょうかちまきでしょうか。こちらは、ちまきを載せる台「ちまき台」です。ずいぶん前ですが、杯を載せる台としてご案内させていただきました。

ちまきをわざわざ台に置いて?
そうなんです、供物(くもつ)を三方に載せるように、ちまきを台に載せてまずは神様に召し上がっていただき、その後お下がりをいただく。そのための台です。
新緑萌える季節、自然の中に生かされていることをありがたく思い、八百万の神に感謝する・・・。大人の端午の節句にいかがでしょうか。

「工芸店ようび」はゴールデンウィーク中もカレンダー通りの営業となります。5月1、2日も営業していますので、関西へお越しの際は是非お立ち寄り下さいませ!

お蕎麦の道具

焼き魚をきれいに盛れるお皿、探されていませんか?

6.5寸長角皿・杉本太郎
6.5寸長角皿・杉本太郎

facebookページに再入荷の案内がありましたが、藤塚光男さんから焼き魚にぴったりの「四方隅切皿」が届いています。「四方隅切皿」には、ルリ釉、白磁、そしてまだ少し早いですが、可憐な萩の「萩文」がありますが、すべて揃ったのは久しぶりです。

「焼き魚のお皿」繋がりで、昨日に引き続き杉本太郎さんからも長皿の新作のご案内です。

文様も素朴でシンプルな日常使いにぴったりの長皿が二種です。今が旬の「かますご」もとても似合います。たっぷりこんもり盛りつけて下さい!

一汁一菜

復興への祈り
よろしければ
お友達へおすすめクリックお願いいたします♪

漬物にすると一玉でもいただけそうです!

6寸鉢・ 杉本太郎
6寸鉢・ 杉本太郎

週末は花吹雪に誘われて、どこも大勢の人でにぎわっていたようです。お疲れが出ませんように。

変わり種「一汁一菜」はいかがでしたでしょうか。週末にかますごに出会われた方は、きっと春をご堪能されたことでしょう。頭ごと骨ごとそれもたくさん食べられるかますごは、カルシウムが不足がちな身体にとても良いですね。

今回の「一汁一菜」のお漬物は春キャベツ。柔らかく甘く美味しいキャベツは、漬物にすると一玉でもいただけそうです。その漬物が盛られていたのがこちらの「6寸鉢」です。土の力強さが硝子質のベールに優しくつつまれて、土ものなのに優しい・・・そんな印象です。添えたのは京都は錦・市原平兵衛商店さんの「みやこ箸」。取り分け用のお箸におすすめです。

杉本太郎さんのうつわは、先に「長角皿」などいくつかご案内させていただきましたがお陰様でご好評をいただいています。ゆっくりですが、いろいろとご案内していきたいと思います。数が少しずつですので、出会いをお見逃しございませんように!

一汁一菜

復興への祈り
よろしければ
お友達へおすすめクリックお願いいたします♪

春の菜花もいろいろあるようで・・・。

青瓷そば猪口・海老ヶ瀬保
青瓷そば猪口・海老ヶ瀬保

良い天気になりました!ヒンヤリした朝の空気も気持ちよく思える・・・春です!

こちらは、菜の花とアサリの旬のぬた和えです。春の野菜は和辛子のピリッが良く似合います。
一言で「菜の花」ですが、菜花にはいろいろな種類があります。小松菜や青梗菜から名前の知らない菜花まで・・・。小松菜の花?青梗菜の花?まさか食べられるの?って思った方も多いことと思いますが、間引き菜同様、野菜を作っている人しか味わえない畑のお宝です。
最近では、産地直送のマーケットを中心に出ていますので、知らないうちに召し上がっているかもしれませんね。

「青瓷そば猪口」のぬた和えは、次回の「一汁一菜」の「一菜」の一つとして登場します。昨日もお味噌汁のない「一汁一菜」とお伝えしたのですが、次回は「一菜」は「二菜」になります。少し変則ですが、美味しいものにルールはありませんよね!

お茶時間

復興への祈り
よろしければ
お友達へおすすめクリックお願いいたします♪

雨の日は、名残の桜に思いを寄せて・・・。

粉引汲出・川村宏樹
粉引汲出・川村宏樹

関西も花散らしの雨となりました。昨日ようやく満開を迎えた大阪城や大川沿いだったのですが、残念です。でも、関西にはまだまだ桜の名所はあります。ご存知の吉野の桜。やっと咲き始めました。山全体が山桜で桜色になる吉野。不思議ですね。大人になるにつれ山桜が好きになります。

雨の日は、おうちでのんびり体をいたわる日。名残の桜に思いを寄せて、こちらは桜湯です。香りに心が癒されます。

淡い桜色には白い粉引がぴったりです。実は、桜湯は次回の「一汁一菜」に登場予定です。「一汁一菜」なのにお味噌汁の代わりとして・・・!?こうご期待!

お茶時間

 

杉本太郎さんのうつわが「工芸店ようび」デビューしました!

長角皿・杉本太郎
長角皿・杉本太郎

桜の話が続いてしまいますが、短い桜の季節です、存分に味わいたいですね。明日は関西は雨。すでに満開の桜は散ってしまいそうです。今日の良き日をお見逃しなく!

さて、先日、「一汁一菜」でお漬物の取り皿としてご案内した杉本太郎さんの「3.5寸長角皿」はいかがでしたでしょうか。小さくて見逃されたかもしれませんね。是非一度ご覧下さいませ。複雑な緑の表情が土ものに繊細な印象を与え、小さいながら存在感の大きい小皿です。

そして、こちら、杉本太郎さんから中皿程度の大きさの角皿が新登場です。盛られたのは菜の花のぬか漬け。シンプルな、素材を生かした料理が似合います。

手に取ると繊細さがさらに伝わってくる・・・杉本太郎さんのうつわたちの印象です。工芸店ようびでは初めての登場となります。これから先も中鉢を中心にいろいろご紹介していきますので、ご期待下さい!

復興への祈り
よろしければ
お友達へおすすめクリックお願いいたします♪