これから「だし」本番ですね!

黒二つ椀・奥田志郎
黒二つ椀・奥田志郎

関西でも、ここ数年、山形のお肉や野菜やキノコがおいしくいただけるようになってきました。その一つが、こちらの「だし」です。ご存じない方のために・・・、「だし」は、キュウリや茄子などの夏野菜を細かく刻んだものに、同じく細かく刻んだミョウガやネギや紫蘇などの薬味をたっぷり混ぜ込んだ浅漬けのようなものです。関西の人間としては、昆布で粘りけがあって、あまり塩辛くないものが好きなのですが、ご家庭によって代々受け継がれた味があるのだと思います。これからの夏の必需品。「我が家の味」を作ってみたいと思います。
みなさんの「だし」のレシピもお聞かせくださいませ。

うつわは、おなじみ「二つ椀」です。小さな方に「だし」を入れて、大きな方には、白ご飯。炊きたてにたっぷり「だし」をかけて、ささっと簡単朝ご飯。写真の「だし」は少しすくなかったようです・・・。

土鍋でご飯

復興への祈り