鼻歌を歌いながらささっと手でひねったような・・・

染付ろ唐草手びねり小鉢・古川章蔵
染付ろ唐草手びねり小鉢・古川章蔵

鼻歌を歌いながらささっと手でひねったような、そんな自由な愉しい小鉢です。同じ形は春にご紹介した「桜手びねり小鉢」があります。色絵と染付でずいぶん印象が違いますが、「ろ」の字のシンプルな模様がすっきりとした風景を作り出しています。食欲の無くなる夏は、少しずつでもしっかり美味しく食べなくては・・・ですね。こちらの小鉢おすすめです!

「ろ」の字のうつわは「ろ唐草飯碗・古川章蔵」 が人気定番です。こちらも、夏さわやかな飯碗です。先日ブログでも再入荷をご案内しましたが、改めて夏ばて対策の鰻茶漬けにおすすめです。

古川章蔵

復興への祈り

ぷくっとまあるい汲出が出来ました!

汲出・植山昌昭
汲出・植山昌昭

ぷくっとまあるい汲出が出来ました!丸いだけでとても愛らしい印象です。お客様の日、少したっぷりめの汲出をお探しならこちらがおすすめです。八分目で150cc入ります。
柄は、夏でも夕方になれば涼しい風がやってくる里山の住人山野草から。4種類ご用意いたしました。

南九州が梅雨明けしました。沖縄に続いて例年よりずいぶん早い梅雨明けです。おそらくその他の地域も・・・ですね。夏に向け・・・ではなく、梅雨の晴れ間は夏本番です!水分補給をこまめにどうぞ。

ようびの白

復興への祈り

すっとおすましのスマートな片口

白磁面取片口・大・水野克俊
白磁面取片口・大・水野克俊

一回分の醤油入れとしてご好評いただいている「白磁面取片口・小」は、小さいながら面取りの縦のラインで、すっとおすましのスマートな印象です。この片口にこのたび「大」が仲間入りしました。小が45ccほどで大が70ccほど入ります。「大」は一回分のポン酢やサラダのドレッシング入れにおすすめです。「雪舞20cm鉢・山本芳伸」とあわせてたっぷりサラダはいかがでしょうか。

水野克俊さんは、そのほか、「白磁輪花小鉢」「白磁輪花楕円小皿」「白磁帯しのぎ片口」も再入荷しています。いつの間にか水野克俊さんの白磁も充実してきました!選びがいがありますね。

ようびの白

復興への祈り

姫竹の子が手に入りました

長石釉7寸鉢・麦わら・長森慶
長石釉7寸鉢・麦わら・長森慶

皮鯨丸鉢・7寸・杉本寿樹
皮鯨丸鉢・7寸・杉本寿樹

姫竹の子が手に入ったので、鶏の団子と炊き合わせました。
姫竹の子はさっと炊いても美味しいですが、天ぷらにするとしゃきっと美味しいですね。

ちょうど7寸の浅鉢が、長森慶さんと杉本寿樹さんから新しく届きましたので、両方で盛り比べてみました。ほぼ同じ形で、どちらも大きめの具材がたっぷり入ります。かぼちゃも一つ分ぐらいかるく入りそうです。新じゃがの煮っころがしとか、ごろごろっとたくさん盛りつけたいですね。出番が多い鉢となりそうです!

長森慶

杉本寿樹

復興への祈り

サクランボにぴったり!

色絵線描楕円小皿・古川章蔵
色絵線描楕円小皿・古川章蔵

「だし」に続き山形の名産サクランボです。サクランボは、いわゆる晩生種がでまわるようになりました。愉しめるのもあと少しの間ですね。少し酸味があるぐらいがさわやかで美味しいです。

あわせた楕円の小皿は、《定期販売》の「色絵線描タタラ丸皿No.2」と同じデザインです。かわいい!ですね。4月からスタートした《定期販売》ですが、《定期販売》ではない新作もいろいろ届いていますので、時々のぞいてくださいませ!

古川章蔵

復興への祈り

吉井史郎さんのうつわで夏もほっこり・・・!

玄釉片口鉢6.5・吉井史郎
玄釉片口鉢6.5・吉井史郎

黒々とした玄釉の片口は、けっして威圧的ではなく、懐深く料理を受けとめてくれます。塩でゆがいただけの空豆も緑がとても鮮やかに。大きな寸法もございます。肉じゃがや筑前煮や竹の子を炊いたんなど、大きな具材もたっぷりの料理も似合います!

久しぶりに玄釉のうつわがやって来てくれました。facebookページでもご案内しましたが、たっぷり1,000mlも入る「玄釉土瓶」も今なら在庫がございます。暑い日が続きますが、玄米茶たっぷり、そば茶たっぷり、ほうじ茶たっぷり、やっぱり麦茶。夏はどのお茶がお好きでしょうか。

吉井史郎さんは他にも、お造りのろ盛り合わせが似合う「琥珀釉板皿」が角皿を含め3種新入荷しています。あしらいたっぷりで盛りつけてくださいませ。
もう一点、素朴で上品な「京唐津草文4.5寸皿」も新作です。上品でおおらかな土もの・・・吉井史郎さんのうつわで夏もほっこり・・・!

吉井史郎

復興への祈り