投稿

アルファベットの11番目・2番目・・・

煮物鉢・小紋・杉本太郎 今日は「キッチン・バスの日」。 駄洒落の記念日も多いのですが、なぜ11月2日かというと、「Kitchen-BathのK・Bがアルファベットの11番目・2番目でも…

送料を全国一律700円にさせていただきます!(期間限定^^)

煮物鉢・紫縞・ 杉本太郎 ■期間限定!送料一律700円!■ 2014年1月31日まで、送料を全国一律700円にさせていただきます! 1月一杯・・・ちょっと実験的な試みです。 送…
, , , , ,

【一汁一菜】花が咲き誇ってこその女の子の節句です!

【一汁一菜】お味噌汁中心の食事 気がつくとすっかり春になっておひなさまの季節です。 今年は四月十二日が旧暦の三月三日、即ち上巳の節句です。平安時代、三月初め…
, , , , , ,

【一汁一菜】秋らしい献立

【一汁一菜】お味噌汁中心の食事 十月半ばをすぎて急に秋らしくなりました。お芋類がさかんに出始めます。お芋は意外に早く水分が抜けてしまいますので、買い置きはあまりしないで出来るだけ早くいただいてしまうようにしています。ごぼうも香りがよく美味しい季節です。小芋と地鶏といんげんの煮合せ 小芋は湯掻かないで、味のついたたっぷりの出汁でいきなり煮始めます。浮いてくるアクをしっかり取りますとぬめりもなく白く仕上がります。ゆでこぼさない方が美味しいのです。 いんげんは色よく塩ゆでしておきます。 地鶏はもものところを使って酒、味醂と薄口しょうゆで少ししっかりと味をつけやわらかく煮ます。盛り付ける前にいんげんを入れて一、二分煮て、三種を盛り、黄色に色づいた柚子の皮(出来るだけ薄く剥いて細く切る)を上にのせます。 器は有光武元さんの菊形向付を使ってみました。この器は見込みが広く大変盛り心地よく出来ています。白化粧の具合もよく豊かな感じがいたします。・・・後略工芸店ようび 店主真木…
, ,

うずらを思い浮かべてしまいますA^^;)

刷毛目片口・黒・長森慶黒と白のコントラストが力強さを感じさせてくれる片口の中鉢。素朴で素敵です。今回「一汁一菜」に漬物鉢として登場願ったのですが、前回も、確か沢庵のお漬物を盛ったように思います。シンプルなお総菜を引き立ててくれるこちらの片口は、究極のシンプル料理である漬物がとても良く似合います。今回は糸瓜ですが、夏は胡瓜の浅漬けなどいかがでしょうか。まったくの余談ですが、片口の口って、小鳥のくちばしに見えたりしませんか。刷毛目の片口は、うずらを思い浮かべてしまいますA^^;) …
, , , , , , ,

【一汁一菜】盛夏のめぐみ

【一汁一菜】お味噌汁中心の食事 盛夏の材料を使ってエネルギーも補給  茄子のはさみ揚げを一菜にしてみました。茄子は大きなものなら筒切りに、中長茄子の適当な大きさのものなら縦に、1.5~1.8cm位にスライスして、その中に挽肉と玉ねぎのみじん切炒めに、少々の塩こしょうをし、小麦粉と玉子で少しゆるめにまとめたものを塗るように端までのばし、もう一枚で挟んで小麦粉をまぶし、天ぷらの衣をつけてゆっくり揚げます。・・・後略 工芸店ようび 店主真木…