その華やかさのもっと先にあるものなのでしょう。うれしい春の向付です。

京焼・銹絵花形向付・伏原博之

糸桜を鉄絵だけで画いた瀟洒な京焼を「辻留さん」でお使いになられているのを見て、伏原さんに一生懸命に映していただいてみました。かなりよいものになったと思っています。

京焼は出来た当初から普段使いのものというより華やかでぜいたくなものというイメージなのですが、この洗練度はやはり京のもの、その華やかさのもっと先にあるものなのでしょう。うれしい春の向付です。

鯛などのやさしい色の薄造りや春のあえものなど盛られてたのしんでいただきたいと思います。

工芸店ようび 店主 真木

各地から桜の開花宣言・・・!

今年は、やはりソメイヨシノの開花が早くなりました。
山桜、しだれ桜はどうでしょうか(≧∇≦)

あわただしいご案内となりました^^

形も桜、描かれているのも桜。
伏原博之さんに、桜の向付を写していただきました。

はかなげで優しい風景の鉄絵の絵柄は、
思うほど盛り込むものを選びません。

桜鯛の季節。
辻留さんは、鯛の薄造りを盛られています(o^^o)

花の器



楽天市場「お買い物マラソン」は、4月20日(金)夜11時59分までです!
ご利用下さいませ!