「松」と言われると、松かな・・・ぐらいの松。

唐津焼・絵唐津松文様丸皿・中村恵子

今日は1月30日、「3分間電話の日」。
公衆電話の市内通話料金が3分で10円になった日・・・だそうです。

インターネットの時代、
地球の裏側まで無料で通話できるサービスがあることを思うと、
「市内通話料金が3分で10円」ははるか昔のことのよう。

そう言えば、近くの公衆電話がどこにあるのかわかっていません(≧∇≦)

さて、中村恵子さんから、絵唐津の小皿です。

描かれているのは松。
「松」と言われると、松かな・・・ぐらいの松。
縁起が良い松は、数多くうつわに描かれてきているのですが、絵唐津の松は独特です。
何より、幹、枝が細い!^^

造作も無く、職人がさらさらっと描いただけ・・・なのかも知れないのですが、
確かに、唐津の郊外にある三大松原の一つ「虹の松原」には、
太い根曲がり松の他、幹の細い松がたくさんあります。

絵唐津に描かれる松は、
縁起物として、育成が盛んな「虹の松原」の若松が選ばれているのでしょうか。
意外な答えがありそうですね(^^)/

唐津焼

工芸店ようびの夏期休業は、
8月11日(土)から19日(日)です。