釉薬のかかり方が愉しい人気の定番。

灰釉ビードロ飯碗・有松進

阪神淡路大震災から23年の今日、1月17日。
雨となりました。

20年目のことですが、
地元神戸新聞が「震災の前日」の思い出を募集しました。
どの投稿も、当たり前ですが、
まさか、翌日に大地震が・・・。
それは、
今日の自分自身かも知れません。
あらためて、
鎮魂とともに、震災への備えを肝に銘じる一日です。

さて、
有松進さんから、ビードロの飯碗です。

薄く軽く、繊細に焼き上げられる器が特徴のひとつである有松進さんですが、
こちらは少し厚みのある飯碗です。

釉薬のかかり方が愉しい人気の定番。
今回の窯出し分は、見込みに釉薬溜まりがありません。

写真を撮り直しました^^

有松進