滝村弘美さんだからそこの春慶塗のすばらしさ!

春慶縁高・滝村弘美

春慶塗

春慶塗は黄色っぽくてあまり丈夫でないぬりものと思っていらっしゃる方が多いと思います。 それもそのはず、産地の一般の飛騨春慶は、オーラミンという染料で黄色に染め、それを呉汁(豆をつぶして煮た汁)につけて乾かし、もったいないことにその上に最高の透漆を塗ったものなのです。そのようにすると漆を塗る回数が少なくて済むのです。

産地の商品はその様な造り方で出来ているので、呉汁が木部を覆っていて、漆は木部に密着していません。それ故、上に塗った漆が剥がれるというわけです。この手法はどちらにしても古いものではなく、昭和に入って編み出されたものです。(※長い間この手法で産地は成り立って来ましたが、今はオーラミンはあまり使わないそうですし、呉汁につけるという方法も一般には行われておらず、カゼインやウレタン等を使ったものが多いそうです。)
30数年前、飛騨春慶の作家・滝村弘美さんが、古い春慶や粟野春慶等はそんなものではなかったことをつきとめ、故 奥田達朗氏から下塗りに油なしの漆を使ったものではないかとの アドバイスがあり、滝村さんはそれ以来この手法でさまざまのものを作って来られました。

桧の木地に直接拭漆をしてしみこませながら最低8~11回、その上に花漆を1回、物によっては2回施します。木地は桧(国有林のものと民材があり、使用法によってどちらかを選びます)、他に松、栃などです。とにかく木地も漆の材料もとびきりよいものを使わないとこの艶にはならないのです。
こんな立派な仕事が今、窮乏の危機に直面していて、大変もったいないこと、なんとかお仕事を続けていってほしいと思うばかりです。

胴紐縁高

本来は懐石の縁高(主菓子器)としてつくられたものです。従って、それぞれ底は「ずらし」になっています。薄くて美しく丈夫なので、いろいろなものに使っていただけます。

一人ずつのおせちを入れる、お寿司を入れる、菓子を入れる、サンドイッチなどを入れる、お料理屋さんでは氷を敷いてお向附として使っていただきました。お弁当にも使っていただけますし、ちょっとしたお昼のお客様なら、点心を盛ってそこにお椀があれば立派なごちそうです。買ってこられたお寿司やお菜を盛り直していただくだけでも御馳走になります。

工芸店ようび 店主 真木

お正月に間に合いました!
あきらめながらお待ち下さった皆様、お待たせいたしました!

春慶塗の縁高がやってきました。
前回ご案内したのは、8年前にもなります。

以前店主が認めた文章を、ぜひ、ご一読下さいませ。
滝村弘美さんだからそこの春慶塗のすばらしさを感じていただけることと思います(^^)/

お正月の道具