フライパンで作るムニエルは後片付けが簡単。

鞍形盛鉢・杉本太郎

日常の食卓に鉢ものを導入すると大変家事も楽で、一つずつ盛りつけるよりも早く、温かいものも冷めにくいので大変重宝します。それに、たくさん食べる人と少ない人がそれぞれに取り分けられますので、食べられる量の調整が出来ます。

(一人ずつですと多い人は残り物になりますが、鉢で残ったものは残り物になりません。)

先日あるお集まりで、食卓に鉢で取り分けをしていらっしゃる方が少ないことが分かりました。煮物は煮物、酢の物は酢の物と、鉢や大皿に盛り、たのしい取り皿を用意して何品かを取れるようにすれば、道具も少なくすみ洗い物が増えません。

鉢と取り皿の関係は、同じ感じのものでなく、鉢が土物なら取り皿を磁器という風にたのしんで取り合わせていただくと良いと思います。

工芸店ようび 店主 真木

第三弾!

今回は、杉本太郎さんの「鞍型」の盛り鉢です。
合わせた取り皿は、人気井戸シリーズから「井戸銘々皿・有光武元」。
ポップな縞文にシンプルな色合いの井戸がすっきりとマッチします。

盛ったのは、秋と言えば秋刀魚!のサンマのムニエルです。

塩焼きも良いのですが、フライパンで作るムニエルは後片付けが簡単。
店主のおすすめです^^
もちろん、新鮮なサンマが手には入ったら、わたも一緒に調理して下さい(o^^o)

付け合わせは菊菜のごま和え。
香りが良いですね^^

盛り鉢と取り皿