盛ったのは、初秋らしく、芋煮とピーマン焼き煮の二種盛りです(o^^o)

伊羅保すり鉢8寸・長森慶

日常の食卓に鉢ものを導入すると大変家事も楽で、一つずつ盛りつけるよりも早く、温かいものも冷めにくいので大変重宝します。それに、たくさん食べる人と少ない人がそれぞれに取り分けられますので、食べられる量の調整が出来ます。

(一人ずつですと多い人は残り物になりますが、鉢で残ったものは残り物になりません。)

先日あるお集まりで、食卓に鉢で取り分けをしていらっしゃる方が少ないことが分かりました。煮物は煮物、酢の物は酢の物と、鉢や大皿に盛り、たのしい取り皿を用意して何品かを取れるようにすれば、道具も少なくすみ洗い物が増えません。

鉢と取り皿の関係は、同じ感じのものでなく、鉢が土物なら取り皿を磁器という風にたのしんで取り合わせていただくと良いと思います。

工芸店ようび 店主 真木

第二弾は、
長森慶さんの伊羅保シリーズから、8寸の大鉢です。
取り皿には、店主が大好きな「山水文図5寸皿・藤塚光男」を選んでみました。

肌がいらいらっとしているから伊羅保・・・だそうです。
ざらざらっとした肌感の伊羅保は使うにつれ、なめらかな、そして光沢ある風景を魅せてくれます。

藤塚光男さんの「山水文図5寸皿」のほんわかした様子が、いらいらの伊羅保とよく釣り合ってます。

盛ったのは、初秋らしく、芋煮とピーマン焼き煮の二種盛りです(o^^o)

盛り鉢と取り皿