たっぷり水に浸してからお使い下さいませ!

雅造野焼6寸皿・土楽・福森雅武

昨日は土用の丑。
そして、大阪は天神祭!!

天満宮のあちらこちらから、大阪締めが聞こえてきました。

「打ちまーしょ」
パンパン
「もうひとつせー」
パンパン
「祝(いお)うて三度」
パパンパン

パンは手を打つ音です。

さて、夏も本番!(^^)/

さて、引き続き、土楽窯当主、福森雅武さんご自身作のうつわです。

今回は焼〆のお皿。

盛ったのは、夏に欠かせない茄子と万願寺唐辛子の油炒め。
しらすを散らすと栄養的にも満点です^^
たっぷり水に浸してからお使い下さいませ!

こちらも、「濃い」「明るい」の2種に分けさせていただきました。
こちらは濃い方。
「明」は、橙色を呈した風景をしています^^

土楽