ちょうど鱧ずしが一人前。

市松文長皿・d.Tam

昨日ご案内した『夏は家派!「儚き夢」』、いかがでしょうか。

源氏物語の夕顔がモチーフの夕顔のうつわ。

本歌に優ることはとうていできませんが、
伏原博之さんの写しも、風雅で、とても優しい風景を作り出しています。

そして、あらためて、d.Tamさんから「市松文長皿」です。

半透明の長皿の縁に、四角のガラスで立体的に市松模様を作り出しています。

ちょうど鱧ずしが一人前。
ぴったり収まっています^^

鱧は、関西の夏の風物詩。
京都の祇園祭や大阪の天神祭に欠かせません(o^^o)

京焼