見込みに釉薬が溜まったものと、全体に斑釉がかかったもの。

斑5寸鉢・吉井史郎

週末も晴れだった関西。
日増しに暑さも増してきました(≧∇≦)

もうすぐ、一年で一番日が長い夏至。
いつもは梅雨の雨模様で、その恩恵がわかりにくいのですが、
夜の7時を過ぎても明るいと、なんだか得した気分にもなります(o^^o)

さて、引き続き吉井史郎さんの斑釉です。

以前ご案内した5寸は、釉薬の掛かり方の違いで、大きく2種類に分けています。
見込みに釉薬が溜まったものと、全体に斑釉がかかったもの。

こちらは、見込みに釉薬が溜まった方。
溜まった分、全体には透け感あります。

どちらも、素敵。
迷いますね。

盛ったのは、するめいかのわた煮です。
わた煮。
大根と炊くと美味しいですが、シンプルにオクラを添えてみました(o^^o)

吉井史郎